転職先を選ぶ時にチェックしたいポイント

 「有名な企業だから」「募集条件が良かったから」という理由で転職先を選ぶのは非常に危険なことです。転職というと、以前の職場よりも環境が良くなる・新しい場所で1から仕事を始められるというメリットもありますが「思っていたのと違った」「前の職場のほうが良かった」と後悔するケースも少なくないのです。

 後悔しないためにも、転職先を決めるときには慎重に検討する必要があると言えます。まず第一に考えたいのは「仕事の内容」です。実際にどんな仕事をするのか、については把握出来るだけ把握しておくことが望ましいでしょう。

 営業と言っても飛び込みなのか、ルートセールスなのかで大きく違います。事務と言っても経理なども担当するのか、部署ごとに別れて仕事をするのかによって求められるスキルも異なります。仕事の内容によって、企業側が求める人物像も変わるため、自分自身が採用される可能性にも大きく影響がでてきます。

<おすすめサイト情報>
40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

 企業規模や社員数もチェックしておきたいポイントです。人数が多いほど、規模が大きいほど良いというわけではありませんが、こうしたことから転職の有無や昇進の可能性なども分かりますから、自分自身の目指す働き方と照らしあわせて考えておくと良いと言えます。

 その他に雇用形態や給与面なども確認したいところですが「条件が良いか」ということよりは「自分自身が納得できる働き方ができるのか」ということに重きをおいて、企業選びをすることをおすすめします。